めまいを起こす主な病気

めまい
  • めまい症
  • 良性発作性頭位めまい症
  • メニエール病

めまい症

人間は自分の周囲の空間や位置を眼、内耳、手足の関節などで感知しています。その情報は脳に伝えられ、統合されて、体のバランスを微妙にコントロールしています。これらいずれかの機能の具合が悪くなると、めまいが生じることになります。メニエール病や良性発作性頭位めまい症が代表的ですが、複雑な要因によって起こることもありますので、めまいが続いている方、強いめまいを覚えた方は、お早めに医療機関を受診して下さい。

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症は、寝返りをうった時、頭を洗うために下を向いた時、ベッドから起き上がった時などに出現することが多く、重症化することは殆どありません。もっとも、ぐるぐる目が回る感覚が強いため、恐怖感や不安感、吐きけを伴ったりすることがあり、心配になって耳鼻咽喉科を受診されるケースが非常に多く見られます。そのため、耳を原因とするめまいのなかで最も発症数が多いのですが、比較的治りやすい疾患です。内耳の耳石器に含まれている炭酸カルシウムの結晶からなる組織が剥がれ、三半規管の中に入り込んでしまうことで発症すると考えられており、この状態を調整することで通常は治癒します。

メニエール病

めまいを起こす病気は幾つかありますが、メニエール病はその代表的な疾患です。めまいの発作時に耳鳴り、耳閉感、難聴が一緒に起こり、めまいが消える頃には、それらの症状も軽快・消失します。多くは片側の耳に起こります。しかし、ときには両側に発症することもあります。特に強い症状が起こらないこともあるのですが、この病気は発作を繰り返し、やがて耳鳴りや高度の難聴が残ります。発作の無い時は無症状となりますが、再び症状が出現することもあるので注意が必要です。