アレルギーとは

アレルギー

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきた時に、これら外敵を攻撃しようとする免疫機能が備わっています。ところが、本来は私たちの体に害を与えないものにまで過剰に反応し、攻撃し過ぎてしまうことがあります。これがアレルギーです。本来なら体を守るはずの免疫反応が、自分自身を傷つけてしまうアレルギー反応に変わってしまうわけです。専門の医療機関で早めに治療を開始することが大切となりますので、気になるアレルギー性の症状、またはアレルギー性の可能性がありそうな症状がみられたら、早めに医療機関をご受診ください。

初診に際して

初めて医療機関を受診するときは、患者さまに下記のようなメモ書きをご用意いただくようにしています。これによって診察がスムーズに進みますので、可能な範囲でご協力ください。

  • 初めて症状が出た時期
  • 症状の具体的な内容
  • 症状が出たきっかけ
  • その後の症状の経過
  • これまでにかかった医療機関
  • これまでに受けた検査の結果
  • これまでに使用してきた薬の名称
  • 家族にアレルギー患者がおられるかどうか
  • ペットの有無
  • 喫煙者の有無

アレルギー性鼻炎

アレルギー症状を引き起こす原因となる物質を吸入することにより、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を引き起こす疾患です。主に鼻と目に不快な症状が現れます。なかでも、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが非常に多く見られます。これらの鼻症状はかぜ症候群のときも出現しますが、かぜと違って咽喉の痛みや発熱は伴いません。通年性のアレルギー性鼻炎の場合、家の埃やダニの死骸、ペットのフケ、カビなどが原因となります。採血などで原因物質を調べることも出来ます。

アレルギー性鼻炎になったときは、まず第一に原因との接触を減らすようにします。家の埃、ダニの死骸、ペットのフケやカビなど、アレルギーの元にできるだけ曝されないようにしましょう。これだけで症状が軽くなるケースがよくあります。さらに、抗アレルギー薬の内服や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

花粉症

花粉症はアレルギー性鼻炎の一種です。植物の花粉が原因となるため、特定の季節に症状が強くなります。具体的には目の痒み、異物感、充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。ひどくなると、咳、のどや皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などもみられるようになります。肉体的にも精神的にもダメージを受けて意欲が低下し、生活の質が大きく損なわれてしまうこともあります。

原因となる花粉の種類としては、スギやヒノキがよく知られていますが、これら以外にもシラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど沢山の種類があります。花粉症になったときは、これらの花粉との接触を減らし、薬物療法を進めます。軽度の場合は、花粉の飛散が始まる2週間前から内服薬を飲み始め、花粉症に効果のある鼻スプレーを使用することで症状を抑えられます。しかし、慢性的な鼻づまりでお悩みの方には、アレルギーへの過剰反応を鈍らせることが可能な手術なども検討します。

こどもとアレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は成人にも起こりますが、お子さまが発症するケースがよくあります。アレルゲンに過激に反応することによって、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が見られるようになり、学校での勉強などに支障を来たすこともあります。基本的には成人と同じように対応しますが、お薬の使い方などに注意が必要なケースも多いため、アレルギー性疾患の治療に精通している医師のもとで治療を受けることが大切となります。