くち・のどに
起こる主な症状

くち・のど
  • のどが痛む
  • のどが腫れている
  • のどに違和感を覚える
  • のどにつまり感がある
  • 口が乾く
  • 口臭がある
  • 咳が出る
  • 呼吸がぜいぜいする
  • 声がかすれる
  • いびき、睡眠時の無呼吸がある
  • 飲み込みが悪い

主な疾患

口内炎

口内炎は、口の中やその周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。熱いものや冷たいものがしみたり、食べ物が触れただけでも痛みが強まり、食事をきちんと摂れなくなったりすることもあります。歯牙で頬粘膜や舌などを噛んでしまったり、ビタミン不足、過度の疲労、ストレスなど、様々な原因で起こります。全身疾患の一つの症状として起こるケースもありますので、口の中のどこにできているか、多発していないか、繰り返していないか、治りにくくはないか、などを総合的に判断する必要があります。

全身性の病気が疑われるような場合は、血液検査などが行われることもあります。治療に際しては、ステロイド薬や抗菌薬などによる薬物療法、ビタミン剤投与などを検討します。原因疾患がある場合は、その治療も必要となります。

咽頭炎・喉頭炎

咽頭や喉頭に炎症が生じた状態です。風邪、インフルエンザによるウイルス感染、刺激ガスや粉塵の吸入、喫煙、声の酷使などによる粘膜の炎症が原因となり、のどの痛みや痒み、声がれ、咳、痰などの症状を呈します。重症化すると急性喉頭蓋炎などを合併し、窒息のおそれも生じるので、呼吸困難が伴う場合はすぐに医療機関を受診するようにして下さい。治療に関しては、風邪に準じた全身的な治療や対症療法、吸入治療などを行います。重症化して気道狭窄がみられる場合は、抗生剤の点滴投与を行います。患者様によっては、気管切開などの外科的処置が必要になることもあります。

扁桃炎

扁桃炎は、口蓋垂の左右に一個ずつある口蓋扁桃にウイルスや細菌が入り込み、急性の炎症を引き起こす病気です。高熱や寒気、頭痛、全身の倦怠感、関節痛などかぜ症候群のような症状が見られ、扁桃が強く痛みます。のどの奥を見ると、両脇が赤く腫れているのが観察されます。このような症状が見られたときは、風邪をひいた時と同様の治療を行うことが一般的です。抗生剤や解熱剤を服用し、よくうがいをし、安静にすることで、通常は1週間程度で治ります。

声帯ポリープ・声帯結節

声帯ポリープ・声帯結節は、声帯という声を出すための器官にこぶ状のポリープや結節が出来る病気です。これより声がかれたり、喉に痛みが生じたり、思い通りの声が出せなくなったりします。主な原因は、喉の酷使です。声帯の周囲の粘膜が弱っているときに、声を出し続けたり、風邪などによる咳で声帯周囲の粘膜が傷つけられると、粘膜にポリープや結節が発生してしまうのです。初期の段階であれば、あまり喋らないようにして声帯を休ませ、消炎薬を使用することで治療します。それでも改善しないときは、顕微鏡下でポリープや結節を切除する手術を検討します。

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎は、のどの奥にある喉頭蓋に炎症が起きた状態です。初期段階では激しいのどの痛みが見られ、唾などを飲み込みにくくなります。やがて呼吸困難や喘鳴が現れてきます。喉頭蓋が急激に腫れるため、ひどい場合には窒息に至る危険性があります。細菌感染が原因となることが多く、そのほとんどはインフルエンザ菌です。

窒息する可能性のある危険な病態なので、治療にあたっては、とにかく窒息しないように気道を確保することが重要です。窒息の危険がある場合は、口から管を入れたり、のどの一部を切って管を入れたりします。呼吸困難が無い場合は、細菌感染に対して抗生剤、腫れを軽くするためにステロイド薬、のどの奥の空間を広げるために気管支拡張薬を投与し、呼吸困難が生じないかを厳重に観察しながら治療します。

仮性クループ

風邪をひいたときなどに、喉頭の辺りが脹れて、犬が吠えるような咳が出たり、声がかすれたり、息を吸うときに異音がしてしまったり、呼吸が苦しくなったりする病気です。かぜの原因となるウイルスやインフルエンザ菌などによって咽喉が痛めつけられると、仮性クループになりやすいので注意が必要です。突然に悪化して急性喉頭蓋炎の原因となり、窒息死することもありますので、早めに医療機関を受診し、抗生物質を投与したり、喉の腫れを抑える薬を吸入することが大切です。

咽頭がん・喉頭がん

咽頭や喉頭にできる悪性腫瘍です。様々な年齢で起こりうるのですが、特に中高年の喫煙男性に多くみられます。咽頭がんや喉頭がんの初期段階では、なかなか治らない声のかすれや血痰です。但し、痛みを伴わないことも多いため、かなり進行してから受診される方もいらっしゃいます。声帯ポリープなどでも声のかすれは見られますが、低いガラガラ声や雑音の混じったザラザラした声になるのが咽頭がんや喉頭がんの特徴です。

咽頭がんや喉頭がんの治療にあたっては、ステージによって異なります。腫瘍が小さい時には放射線療法が中心ですが、腫瘍が大きい場合には声帯などを切除する手術が必要になります。ただ、最近では抗がん剤と放射線を併用した化学放射線療法を行うことが多くなっています。喉頭の全摘出術などを行うと、術後に声を出せなくなりますが、食道発声という特殊な発声方法や、電気喉頭を用いて発声する方法があり、声帯の代用が可能となるケースもあります。

いびき・睡眠時無呼吸

睡眠時に無呼吸状態となり、いびきが起こることがあります。よく知られているのは睡眠時無呼吸症候群です。これは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患です。肥満や喉・顎の骨格的な形状などが関与し、喉の空気の通り道が塞がることが主な原因です。いびきがうるさい、日中の眠気がある、朝起きると体が重たいといった症状が見られたときは、寝ている間にいびきが起こっている可能性が高いので、医療機関で原因を調べてもらうようにしましょう。

具体的な治療法は、睡眠時の無呼吸状態を招いている原因によっても異なりますが、CPAP療法、マウスピースの装着、生活習慣の改善などを検討します。このうちCPAP療法は中等症から重症の患者さまにとても効果的で、ほとんどの患者さまは、この治療を行ったその日からいびきをかかなくなり、朝もすっきりと目覚め、昼間の眠気も軽くなります。マウスピースは、就寝中の顎の位置を少し変えるだけで改善が見込めるような軽症レベルの患者さまが適応になります。また、生活習慣の改善も有効な方法です。肥満の方は減量のために食事を腹八分目に抑え、適度な運動を心掛けます。お酒は筋肉を弛緩させて気道の閉塞をさらに悪化させる可能性がありますので、ほどほどにしましょう。