耳の起こる主な症状

耳
  • 耳が痛い
  • 耳が痒い
  • 耳だれが出る
  • 耳がつまった感じがする
  • 耳垢が溜まっている
  • 耳の聞こえが悪い
  • 耳鳴りがする
  • めまいがする

主な疾患

急性中耳炎

急性中耳炎は、耳の中に起こる最も一般的な病気です。乳幼児期のお子さんを始めとして、耳の痛みや不快感で耳鼻咽喉科を受診する患者さまが非常に多く見られます。鼓膜の奥の小さな空間に入り込んだ細菌やウイルスが入り込むと、急性の炎症が生じて膿が溜まり、急性中耳炎を引き起こします。ズキズキする激しい耳の痛み、発熱、耳だれ、耳がつまった感じなどが見られたときは急性中耳炎の可能性がありますので、早めに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。なお、乳児の場合、言葉で痛みを訴えられないために機嫌が悪くなってぐずったり、しきりと耳に手をやったりすることもあります。

急性中耳炎の症状が比較的に軽めの場合は、抗生物質や消炎剤を服用したり、炎症をやわらげる薬液を耳に垂らすことで快方に向かいます。膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく、痛みが強い時や、熱が高い場合は、鼓膜を少しだけ切開して溜まっている膿を排出します。

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎は、鼓膜の奥にある中耳腔に滲出液という液体が溜まってしまう病気です。急性中耳炎のような痛みが生じず、難聴が唯一の症状であることも少なくありません。難聴の程度も軽い場合が多いので、気づくのが遅くなってしまうこともしばしばです。そのため、鼓膜を観察するだけでなく、聴力検査、鼓膜の動きやすさを調べる検査、内視鏡検査などを行って確定診断につなげます。

滲出性中耳炎だと分かったときは、内服治療に加え、鼻から耳に空気を送る耳管通気処置を行ったり、鼓膜を切開して中に溜まった滲出液を出したりします。何度も症状を繰り返す場合は、鼓膜にチューブを入れる手術を行うこともあります。

慢性中耳炎

慢性中耳炎は、大きく二つのタイプに分けることが出来ます。
一つ目は慢性化膿性中耳炎と呼ばれるものです。急性中耳炎が完治しないで鼓膜に穴が開いたままになり、耳だれを繰り返します。
もう一つは真珠腫性中耳炎と呼ばれているものです。周囲の骨を壊しながら進行する病気で、三半規管を壊してめまいを起こしたり、顔面神経麻痺や髄膜炎になってしまう可能性もあります。

治療にあたっては、急性中耳炎のときと同じような処置を行います。炎症を抑える薬を飲んだり耳の処置をすることによって耳だれを止めます。但し、鼓膜に穴が開いているため、耳に水が入ったり、風邪をひいたりすると再び耳だれが起こります。再発防止のためには鼓膜の穴を塞ぐ手術が必要となります。真珠腫性中耳炎を完全に治すためには、ほとんどの場合に手術を要します。

外耳炎

外耳炎は、耳たぶや鼓膜までの外耳道に炎症が起こる病気です。強い耳の痛みや痒みが引き起こされ、日常生活に支障を来たすこともあります。症状が進行すると、耳の穴から異臭や耳だれが出たりします。外耳道が炎症によって腫れ上がると、びまん性外耳炎と呼ばれる状態となり、聴力の低下を引き起こすため、中耳炎と取り違えられることがしばしばあります。また、耳におできが生じる限局性外耳炎は、おできが破れて膿や血液が出ることもあります。

このような外耳炎の症状が見られたときは、まず脱脂綿や吸引機などを使って軽く耳掃除を行って清潔にします。さらに局所への点耳薬投与、軟膏塗布などを行います。びまん性外耳炎は耳を清潔にした上で抗生物質の塗布と投与を一週間ほど行います。限局性外耳炎では、おできを切開して膿を出し、抗生物質を塗布します。痛みが激しい場合は、鎮痛剤を用います。

伝音難聴

外耳や中耳の異常によって生じる難聴です。耳がつまった感じがする、大きな音は聞こえるが通常の音が聞こえにくい、などの症状が生じたときは伝音難聴の可能性があります。中耳炎などが原因で起こるケースと、耳小骨の奇形など先天的な原因で起こるケースがあります。薬物療法や手術などが主な治療法になります。また補聴器を使用すると、よく聞こえるようになります。

感音難聴

内耳や聴神経の異常によって生じる難聴です。感音難聴の原因はいろいろですが、大きく分けると、先天的な原因と後天的な原因があります。先天的な難聴の原因は、遺伝性、または胎児期における発達異常です。一方、後天性の難聴は、加齢、外傷、強大な騒音、髄膜炎、聴神経にできた腫瘍などによって起こります。様々な原因があり、難聴の程度により治療法は変わってきますが、補聴器の使用、人工内耳の装用などを検討します。

突発性難聴

突発性難聴は、ある時点から突然に耳が聞こえなくなる疾患であり、通常は片側で起こります。詳しい原因はまだ分かっておらず、急激に発症する感音難聴のうち、原因不明のものを突発性難聴と呼んでいます。突然に耳が聞こえなくなるだけでなく、耳鳴りや耳がつまった感じ、めまいや吐き気などを生じることもあります。このようなときは、まず安静にして過ごします。難聴の程度によっては、入院治療が望ましいケースもあります。

耳鳴り

耳鳴りは、周囲に音源が無いのに音が鳴っているように感じられる症状です。耳鳴りを訴える人の多くは何らかの聴力障害を持っている方が多いのですが、検査上は正常でも、耳鳴りを訴えるケースがあります。聴覚系の異常が外耳、中耳、内耳、聴神経、中枢神経のいずれの部位であっても耳鳴りを起こします。また、過労やストレス、心因的要因によっても耳鳴りは強くなったり、弱くなったりします。

耳鳴りが起こったときは、原因療法、耳鳴りの抑圧療法、心理療法が必要となります。このうち原因療法は、耳鳴りの原因がはっきりしている場合に行われます。中耳炎が原因なら中耳炎の治療を、メニエール病や突発性難聴が原因なら、それぞれの治療を行います。しかし、耳鳴りの原因を治せば耳鳴りが完全に消えるかと言うと、必ずしもそうとは限りません。

耳鳴りの抑圧療法は、いろいろな手段を使って耳鳴りを封じ込め、意識しないようにする方法です。その手段としては、精神安定薬や鎮静薬、抗けいれん薬、漢方薬を用いる、ステロイドホルモンを耳に注入して耳鳴りを抑制する、雑音で耳鳴りを遮蔽するマスカー療法などがあります。また、心理療法はカウンセリング、バイオフィードバック、自律訓練法などによって耳鳴りを自分でコントロールする方法です。

加齢性難聴

年齢を経るにつれてリスクが高まっていくタイプの難聴です。初期の段階では高い音が聞こえ難くなるぐらいですが、段々と進行し、さまざまな音を聞く作用が低下していきます。加齢に伴って誰もが起こりうるのですが、個人差もあり、70歳を過ぎてもあまり聴力が落ちない方もいらっしゃいます。なかなか効果的な治療を行いにくいため、一般的には積極的な治療を行いません。補聴器によって会話の不便さを軽減することなどで対応します。

耳垢栓塞

耳垢は空気中の埃、皮膚の残骸、外耳道の耳垢腺という部分から出る分泌物などが混ざり合ったものです。この耳垢がつまった状態のことを耳垢栓塞と呼んでおり、耳の閉塞感、難聴、耳鳴りなどの症状が見られるようになります。このような場合は、耳の中を顕微鏡で見ながら、鉗子や吸引管などを駆使して丁寧に耳垢を取り除きます。耳垢が硬くなかなか取れない場合には、耳浴を行って軟らかくしてから取ることもあります。痛みが強かったり、頑固でなかなか取れなかったりするような場合は、2~3回に分けて除去することもあります。